メラニン色素の沈着によって起こるシミは美容治療で根治する

治療の種類

鏡を見る女性

レーザーとピーリング

シミ、そばかす、ニキビ跡、肝斑などは、レーザー治療やケミカルピーリングなどの美肌治療で比較的簡単に治せます。一点のシミだけを狙って消したい場合はレーザー治療がお勧めです。炭酸ガスレーザー、Qスイッチヤグレーザー、ルビーレーザーなどが、シミ治療によく使われているレーザーです。レーザーの場合、一発の治療でシミを無くせます。何回もクリニックに通院する必要がないので、なるべく時間も手間もかけずにシミを治したい人に最適です。乱れたターンオーバーを整えて古い角質をはがす治療がケミカルピーリングです。ケミカルピーリングはフルーツ酸を肌に塗り、酸の力で表皮をはがしてメラニンを排出する治療法です。フルーツ酸は表皮を溶かし、角質層の下にある真皮層にまで浸透します。そして真皮層にあるコラーゲンやエラスチンにダメージを与え、新しく増やす効果もあります。ピーリング効果によって肌の生まれ変わりが促進され、シミのないすべすべの美肌になります。ケミカルピーリングとセットですると効果が高いのが、高濃度ビタミンCイオン導入です。ピーリングをして薄くなった肌に医療レベルの高濃度ビタミンC誘導体を導入すると、肌の深層部までビタミンCが浸透します。ビタミンCは美白効果がある成分として有名です。また、抗酸化作用やコラーゲン産生の促進作用もあるので、アンチエイジングにもなります。ただシミを消すだけではなく、シワやたるみ、ニキビ跡なども一緒になくしたいという人におすすめの治療です。

対策の仕方

シミができてしまっても、美容皮膚科クリニックで簡単に治せます。しかし、だからといって「シミができたらレーザーで消せばいい」と安易に考えるのは大きな間違いです。確かにレーザー治療で簡単に消せますが、消したとしても何もしないでおくとまた再発します。一度できてしまうと同じところにできやすくなるのがシミの特徴です。また、レーザーといっても万能ではないので、人によっては治療する前よりも色素沈着がひどくなる場合があります。そうしたことを防ぐために、とにかく普段からシミができないようにしっかり対策をしておくことが大切です。シミができる一番の原因が太陽から降り注ぐ紫外線です。紫外線が肌にあたるとメラノサイトが活性化します。そしていつの間にか「シミ予備軍」が表皮の下にできます。普通であれば、シミ予備軍ができたとしても、ターンオーバーでなくなっていきます。しかし、ターンオーバーが乱れると茶色くなって表皮に浮き出てきます。春夏だけではなく秋冬もしっかり紫外線対策を心がけることと、ターンオーバーを正常化することで、シミの予防になります。何らかの影響でホルモンが乱れるとターンオーバーも乱れます。ホルモンバランスは、加齢で女性ホルモンのエストロゲンが減少することで乱れます。また、若い人でもダイエットのしすぎ、夜更かし、ファーストフードなど添加物の食べ過ぎなどが原因でホルモンバランスが乱れます。特に早寝早起きをして良質な睡眠をとることは、健康のためにも美肌のために大事なことです。