メラニン色素の沈着によって起こるシミは美容治療で根治する

施術の種類と気を付ける事

カウンセリング

レーザー後の注意点

メラニン色素が活性化するとシミができる引き金になります。メラニン色素が活性化する原因には、紫外線、ホルモンバランスの乱れ、ターンオーバーの乱れ、間違ったスキンケア、乾燥などがあります。シミやそばかすなどは、メディカル系の治療でほとんど目立たなくできます。しかし、治療をして目立たなくなっても、メラニン色素が再生されるとまたシミができるリスクが高まります。人によっては何度治療しても再発したり、ひどいと治療をする前よりも濃くなる場合もあります。クリニックでシミ治療をしても、紫外線対策をすることや、ターンオーバーが乱れないように規則正しい生活をすることが大切です。昔は肝斑のレーザー治療はできませんでしたが、今は肝斑にも効果があるレーザーが開発されました。肝斑は30代以降の中高年の人にできやすいシミの一種です。普通のシミよりも薄く、頬骨のあたりに左右対称にできることが多いのが特徴です。肝斑ができる原因は紫外線や長期間のピルの服用などがありますが、最も大きな原因がホルモンバランスの乱れです。加齢で女性ホルモンのエストロゲンが減り、黄体ホルモンのプロゲステロンが優位になると肝斑ができやすくなります。せっかくレーザーで肝斑を消しても、ホルモンバランスが乱れると再発します。大豆イソフラボンなどのエストロゲンを増やすサプリを飲むことや、健康的な生活を心がけることで、ホルモンバランスを整えることができます。また、プラセンタ療法やホルモン補充療法などの更年期障害治療も肝斑に効果的です。

光とレーザーで治す

シミ、そばかす、肝斑、くすみ、くまなどの治療法は複数あります。顔全体にできたシミ、そばかす、くすみなどを消すことができるのが、「オーロラ」「フォトシルクプラス」などの光エネルギー治療器です。オーロラは光エネルギーと高周波エネルギーを肌に浸透させ、シミの元であるメラニン色素を薄くする治療です。光エネルギーで色素を薄くし、高周波エネルギーで肌にハリを出すというダブルの美肌効果があります。フォトシルクプラスはフォトフェイシャルよりもシミの分解機能が高い美肌治療器です。濃いシミ、薄いシミ、ニキビ跡、毛穴の開き、赤ら顔、シワ、産毛などに効果があります。オーロラやフォトシルクプラスなどを照射すると、シミやそばかすが一時的に濃くなります。しかし、時間が経つと薄くなっていきます。どちらも約3週間〜1か月置きに合計5回くらい照射するのが一般的です。照射を繰り返すごとに美白効果や美肌効果が高くなっていきます。肝斑に効くのが「レーザートーニング」です。レーザートーニングは通常のレーザーよりも微弱なエネルギーを照射して、根深い肝斑を消すマシンです。普通のレーザーの場合、刺激が強すぎて肝斑にあてると逆にメラノサイトが活性化してしまうことがあります。しかしレーザートーニングは低刺激で均一なレーザーなので、メラノサイトを刺激しないで肝斑を無くせます。同時にビタミンCのサプリメントや、メラノサイトを抑えるトラネキサム酸内用薬を併用するとさらに美白効果が高くなります。