メラニン色素の沈着によって起こるシミは美容治療で根治する

透き通った肌を手に入れる

美容整形

シミの改善にはレーザー治療が良いと口コミで人気となっています。レーザー治療を行うことで、他人に知られずに気軽に治療が行えて短期間で肌本来の透明感を引き出してアンチエイジングをすることが出来るようになります。

もっと知ろう

肌の悩みを改善する方法

鏡を見る中年女性

原因や症状を知ること

シミができるのは一定のサイクルで肌の細胞が生まれ変わり古い角質が新しくなる肌の再生機能が加齢と共に低下していることと、紫外線を浴びるなど外部から刺激を受けてメラニン色素が生成され排出されることなく沈着してしまうことが大きな原因です。シミの種類はいくつかあります。まず、紫外線による日焼けでメラニン色素が沈着してできるシミが老人性色素班です。いわゆる肌の老化現象で最も一般的なシミです。2つ目がにきびや火傷などの炎症の跡が残っている炎症性色素沈着です。紫外線を浴びるとさらに濃くなってしまいます。3つ目が目の下や頬にできる茶褐色の肝斑です。これはホルモンのバランスが崩れることによって発生します。4つ目が雀卵斑でいわゆるそばかすです。そばかすができやすい体質の人が紫外線を浴びるとできやすいものです。5つ目がシミが盛り上がっている脂漏角化症で別名老人性いぼがあります。これも皮膚の老化が原因と言われています。このようにシミの原因や症状はさまざまで、これらを除去するもしくは薄くしたい場合には専門家にどの種類かを診断してもらい、それに合った治療を施すことが必要になってきます。治療を間違ってしまうとシミが余計に広がってしまうこともあるため注意が必要です。最近ではシミを除去するための化粧品も多数出ているため、セルフケアを行う人も多いですがもっと高い効果を望む人は専門家に相談しています。基本的にシミを除去するまたは薄くする治療は皮膚科か美容整形になります。

外用薬やレーザーの使用

皮膚科や美容整形で最も一般的な治療にまず薬品の使用があります。トレチノインやハイドロキノンなどの軟膏が最も高い効果が期待できよく使用されています。トレチノインは肌の代謝を高めて角質をはがしていくピーリング効果によってシミを除去していきます。ハイドロキノンはシミの漂白剤と言われておりメラニン色素の生成を防ぎ漂白する効果を持っています。これら2つとも効果は高い分かなり強い刺激のある薬なので注意が必要です。近年、ハイドロキノンの成分を利用した化粧品も数多く出ています。薬品を使用する以外ではレーザー治療に大変人気があります。シミは初期の段階では肌の表面にできますが、時間が経つと色素が奥深くに入り込んでいくため化粧品などでは除去しにくくなりますが、レーザーを利用すると除去できる場合があります。基本は、特殊なレーザーをあてることによってシミの組織を破壊することによって除去するのです。ただし、シミの中でもレーザーが使用できるものとそうでないものがあるので注意が必要です。また光治療も一般的です。これらは顔に全体に広がったシミを改善してくれます。これらの機械を使用した治療と共にハイドロキノンなどを併用することもよくあります。治療にかかるコストは火傷の跡などに対しては保険適用内になりますが、美容目的になると保険適用外になるため自費診療になりますのでコストが気になる人は料金を確認することも大切です。レーザーなどは適用外になることがほとんどです。治療をする場所選びはカウンセリングと治療の正確さももちろんですが、アフターケアをしっかりしてくれるかどうかも確認しましょう。

施術の種類と気を付ける事

カウンセリング

メラノサイトが活性化するとシミになります。シミはオーロラ、フォトシルクプラスなどの光エネルギー治療や、レーザートーニングなどのレーザー治療で薄くできます。光やレーザーには肌のきめを整える美肌効果もあります。

もっと知ろう

治療の種類

鏡を見る女性

紫外線などの影響で出来たシミは、レーザー治療やケミカルピーリングなどの治療で治すことができます。シミ治療は簡単にできますが、油断をすると再発します。治療をしたあとも紫外線対策を入念にすることが大切です。

もっと知ろう